• フォントを小サイズにする
  • フォントを標準サイズにする
  • フォントを大サイズにする
トップページ観る > 「百間崎」地名由来の防波堤

「百間崎」地名由来の防波堤

この防波堤は、炭鉱用地開発で海を埋め立てるために築いたものでした。その長さが百間(ひゃっけん・約180メートル)もあったことから、この辺りが「百間崎(ひゃくまざき)」と名付けられました。

 

 

所在地 高島行政センター近く
アクセス 高島港から徒歩8分
料 金 無料(見学自由)

「百間崎」地名由来の防波堤

pagetop